(公社)日本滑空協会 滑空スポーツ講習会2018 名古屋 航空安全講習会

Description
開催案内
平成30年度航空安全講習会について
当協会が開催する航空安全講習会は、航空局通達国空乗2077号に沿った内容を含み、また平成26年4月1日より本施行された
「特定操縦技能審査制度」に対応しておりますので、受講された方は審査の一部免除が受けられます。

受講費用
・5団体会員 1,000円
・一般    3,000円
※5団体「日本航空機操縦士協会」・「日本飛行連盟」・「日本滑空協会」・「AOPA-JAPAN」・ 「全日本ヘリコプター協議会」の個人会員の方は、会員証をご提示ください。
又費用につきましてはこのページの「チケットを申し込む」から事前にお支払いをお願いします。
(当日の現金授受のオペレーション削減にご協力をお願いします)

事前にお申込み頂かないと、受講出来ません。
欠席される場合は必ず事前連絡をお願いします。

お申し込み方法
以下 Peatix 社のヘルプに従ってチケットを申 し込んでください

【初めてご利用される参加者様向け】Peatixご利用の 流れ


アクセス情報
http://www.abckashikaigishitu.com/access.php

アジェンダ 

13:05~14:35  第1部 「(最近の変更点を踏まえ)コンプレセンシーと自己管理について考える」
『君子危うきに近寄らず』『虎穴に入らずんば虎子を得ず』という両極端な諺の中を安全に飛び抜けるためにはタスクを繰り返し経験し自信を持つことが必要ですが、これが過剰(過信)になると・・
              認定講師 JAPA  吉田 徹 氏

14:50~16:30  第2部 「グライダー競技の世界とそこから得られる安全への考え方」
グライダー競技の世界は特殊な世界に思われるかも知れません。F1で開発された技術が一般車にフィードバックされたように、グライダー競技の世界から得られる安全への考え方、上達へのメソッドをお伝えしたいと思います。

             丸山 毅 氏

講師紹介
吉田 徹(よしだ とおる)

所属 (公社)日本航空機操縦士協会 (一社)静岡県航空協会

1978年 中航連 愛知支部(岡崎)でグライダーを始め(一社)静岡県航空協会でモーターグライダー、セスナ等の教官及びタグパイを経て現在は上記協会の理事。総飛行時間2,500時間。東京生まれ、CAB CKの受験回数を誇る70歳。

丸山 毅(まるやま たけし)

所属(公社)日本グライダークラブ
グライダー歴28年。総飛行時間約3,300時間 クロスカントリー距離13万km(2018年10月現在)
グライダー世界選手権1999年ドイツバイロイト大会、2008年ドイツリュッセ大会、2014年ポーランドレシュノ大会、2018年チェコ大会に出場。(最高成績27位)
1990年早稲田大学航空部入部。1996・97年グライダー日本選手権15mクラス2連覇。その後1999年にグライダー世界選手権に初参戦、以降サラリーマンパイロットとして世界で飛び続ける。
公益社団法人日本滑空協会 理事 FAI IGC Alternate Delegate(国際滑空委員会 日本代表副委員)
公益社団法人日本グライダークラブ 理事・インストラクター

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#391570 2018-11-28 15:42:01
More updates
Sat Jan 19, 2019
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
名古屋駅西口 名駅ABCビル ABC会議室 2階
Tickets
5団体会員 ¥1,000
一般 ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jan 18, 2019.

Venue Address
名古屋市中村区椿町16-23 名駅ABCビル Japan
Organizer
公益社団法人日本滑空協会 滑空スポーツ講習会
110 Followers